会社をつくるタイミングは・・・

 

会社(法人化)をつくるタイミングは、以下のようなときです。
設立の際の目安になりますので、どんなタイミングで会社を設立すればいいのかを考えている人は、参考にしてください。

 

1.取引上、法人である必要があるとき

ビジネス上会社を作らなければならないケースがあります。
多くの場合は取引先との関係でしょう。法人であることが取引条件の必須条件となることは、非常に多いものです。

2.営業挙の要件が「法人であること」

法律上法人をつくらなければならないときでです。
例えば営業許可が必要な業種で、その許可要件に法人が求められている場合などです。

また、建設業では元請業者が、下請業者との請負契約するときに求める条件として、「法人で建設業許可を得ていること」が条件となる場合もよく聞きますね。

3.ビジネスが発展し、節税の必要が出てきたとき

個人事業ではじめたビジネスが軌道に乗り、ある程度利益が上がってきたときが、会社設立のタイミングとなるでしょう。

経営状態や業種にもよりますが、一般的に800万円以上の利益が出るようになったら、会社設立・法人化することで節税になる分岐点といわれています。

4.共同出資でビジネスを始めるとき

共同出資して事業を行おうとする場合、個人事業でも始められますが、株式会社なら出資した金額が明確です。

ビジネスの成功率を高めるためにも、単に個人同士で始めるより、株式会社をつくってお互いの出資額を明確にしておく必要が出てきます。

 

 

【所長の一言アドバイス】

会社設立のタイミングを知ること
法人化しなければビジネスができないケースがある