株式会社の機関設計をしよう・・・

 

会社の役員構成などを決めることを「機関設計」といいます。

株式会社はその規模・実体によって柔軟な機関設計ができます。機関とは会社を運営する人のことです。

機関設計にはたくさんのパターンがありますが、大きく分けて3パターンに分けられます。

みなさんの現状に合わせて最適なものを選びましょう。

 

1.自分ひとりで会社をつくる

 

会社設立を考えたときに、最初に想定できるのがこの形態ですね。

自分で資金を出資して、自分1人で取締役になるケースです。

 

まずは小さなビジネスから始める場合や個人で事業をやっていた方が株式会社をつくるケースがこのパターンです。

このケースでは,取締役が1人なので自動的にその取締役が代表になって、取締役会は設置しません。
一番シンプルな会社設立です。

 

2.会社を複数でつくる

 

取締役が複数名就任して、取締役会を設置しない機関設計です。

小さな株式会社をシンプルかつスピーディに運営したい人向けです。

 

個人で事業を行っていた人が株式会社を設立して、法人化するときに奥さんや家族も役員に就任させる場合や、友人が共同出資をしてビジネスを始めるケースなどが当てはまりますね。

尚、取締役2名以下の場合は法律で取締役会を設置できません。
取締役会を設置するには、最低3名の取締役が必要で、監査役も1名必要になります。

 

3.取締役会を設置する(取締役3名、監査役1名)

 

最後3つめが取締役3名と監査役1名で取締役会を設置する会社の機関設計です。

株式の譲渡制限会社を選択した会社は、取締役会の設置は任意ですが、しっかりとした合議制の会社作りをしたいという場合は、このパターンが良いでしょう。

前述したように取締役会の設置には、取締役3名、監査役1名が最低必要ですね。

 

 

【株式会社設立の成功法則】

3つの機関設計から自分に合ったものを選択する

役員を選ぶときは細心の注意を