資本金の額と株主を決めよう・・・

 

株式会社は設立にあたって株式を発行します。
原則として株式の額面が資本金になります。

それでは資本金と株式について解説します。

 

1.資本金の額の決め方

 

①運転資金から資本金額を決める

必要な運転資金の概算を見積もって、そこから資本金を決めていきます。

必要資金のステップでも言いましたが、会社はすぐに売上を上げて利益が出るわけではありません。

ですから例えば、1箇月分の必要経費を計算して,その6倍(半年分)または12倍(1年分)の運転資金を資本金として準備します。

 

こうしておけば、すぐに運転資金が底をついて事業主が個人で穴埋めするようなことはなくなります。

もはや個人事業ではないのですから、このように準備して資本金の額を決定しましょう。

 

②社会的な信用度から資本金を決める

資本金の額は全部事項証明書(登記簿謄本)に記載されますので、資本金の額がある程度多いほうが社会的な信用度は高くなります。

 

特に大手企業と取引をする場合には、取引時に資本金が1つの判断材料となります。

 

 

2.1株の額面を決め、株主を決定する

 

資本金の額が決定したら、1株当たりの価格を決めます。

一般的には,1株の価格は5万円とすることが多いようです。

 

1株の額面を決めたら、次は発起人が何株引き受けるかを決定します。

発起人が1名の場合は

1株の価格×発行株式数=資本金の額

となり、株主は発起人1人ということになりますね。

 

複数の発揮人がいるときは、資本金の額を決める前に1株の価格を決めてからそれぞれの発起人が何株引き受ける決めていってもいいでしょう。

その後、それぞれの発起人が出資する額を銀行などの金融機関に振り込むことになります。

実際には、出資金を振り込むのは公証役場で定款作成が完成してからになりますので、ここでは資本金の額と発起人が何株引き受けるかを決定しておけば良いでしょう。