会社設立に必要な役所書類を集めよう・・・

 

以前に比べて株式会社設立のための書類はだいぶ簡素化されました。

発起人や取締役になる方の個人の「印鑑証明書」が必要になりますので、前ページまでの会社の基本事項が決定できたら、印鑑証明書を集めましょう。

 

1.印鑑証明書を用意します。

 

「印鑑証明書」とは、市区町村の役所で個人が発行してもらうもので、本人の実印であることを証明してもらうものです。

印鑑証明書を発行してもらうには、印鑑登録をする必要があります。
簡単に言えば、個人が最寄りの役所で適当な印鑑を登録すると、それが実印となります。

 

原則として、会社設立のための書類には、この登録した実印を使用することになりますので、実印がない発起人や取締役の方は、印鑑登録申請を済ませておいてください。

実印は重要な法律行為(契約書など)に使用するものですから、紛失しないように十分注意して保管してください。

 

 

2.印鑑証明書の注意ポイント

 

印鑑証明書の実印として登録する印鑑は、「8ミリ以上、25ミリ以内」という規定がありますので注意してください。

また、印鑑証明書は、発行から3ヶ月以内のものが必要で、設立申請をする日から逆算して3ヶ月以上の日付のものは、株式会社設立のための書類としては使用できません。

 

誰の印鑑証明書が何通必要かの確認ですが・・

①公証役場では出資する発起人の人数分

②法務局では取締役になる方の人数分

になります。

 

 

【ミスしない会社設立ポイント】

印鑑証明書がない発起人や取締役はすぐ印鑑登録する

発行から3ヶ月過ぎた印鑑証明書は使えない