会社設立書類を提出する役所を調べよう・・・

 

いよいよ最終段階です。
株式会社設立手続をする役所を確認しましょう。

株式会社の設立に関する役所は、「公証役場」と「法務局」になります。

 

 

1.「公証役場」を調べる

 

「公証役場」は会社の定款認証に利用する役所で,各都道府県にあります。

定款の認証を受ける公証役場は,会社の本店所在地と同じ都道府県にある公証役場を利用することになっています。

 

例えば東京都で株式会社を設立するときには、八王子市の公証役場でも、立川市の公証役場でも、府中市の公証役場でも、東京都にある公証役場であればどこでもかまいません。

ですから、会社の本店所在地か代表発起人が、都合が良い最寄りの公証役場を見つけましょう。

 

 

2.「法務局」を調べる

 

会社の設立登記の際に利用する「法務局」を確認しましょう。

法務局は公証役場と違って、管轄が決められています。

設立する会社の本店所在地の住所を管轄する「法務局」を調べておきましょう。

 

 

3.失敗しない株式会社設立手続は・・

 

会社設立のために役所を何度も行ったり来たりした。という話はよく聞きますが、必要最低限の相談のための往復を覚悟して何度か足を運ぶことが、実は失敗しない確実な方法です。

 

しかしながら、住宅の購入といっしょで,何度も会社をつくる人はそう多くはいません。

時間の制約があって確実に会社設立をしたいときや、何度も公証役場や法務局に足を運ぶのが不得手の人は、会社設立手続のプロである行政書士か司法書士等に相談・依頼したほうが安心ですね。

 

 

【会社設立の成功法則ポイント】

株式会社設立手続の専門家である行政書士に依頼する

自分で設立したい人は、管轄の公証役場、法務局を調べて教わろう