利益計画を立ててみよう・・・

 

売上予測と共に大事なのが仕入計画です。

売上-仕入=売上利益 なので、売上を上げるか,経費を下げるかで利益が出るわけです。

FAQで販売計画と売上予測を少し話しましたので,ここでは仕入や経費についてみていきます。

 

 

1.仕入計画

 

仕入契買うといっても下記の項目を明らかにしていけば良いのです。

 

①何を

販売計画に沿った商品・サービスや主力商品等を明確にします。

 

②どこから

①で決定した商品をどこの仕入先から調達するのか決めましょう。

必要なタイミングで適正なロットを,そして品質と価格を考えながらかつ安定供給できる仕入先を決めます。

今まで経験してきた業種で開業するのでしたら、何件か仕入先も当てがあるかもしれませんね。

 

③どのような条件で

現金払い、買掛金払い、手形払いなのかサイトは何日に設定するか?

ここで大事なのが、売上金の支払サイト=得意先の支払サイトで売上の入金があるわけですから、仕入の支払サイトも十分考えて取引する経営者の姿勢が重要です。

 

仕入先を選ぶ条件も、価格の安さばかりに目を向けがちですが、商品の安定供給やその会社の提案力などもチェックポイントです。

 

 

②.経費計画

 

仕入計画が決まったら,次は仕入計画です。

経費計画は売上高の変動に関係なく毎月一定額が発生する「固定費」と、毎月売上によって変動する「変動費」に分けてみると良いでしょう。

 

固定費は、毎月支払う家賃や人件費などで、変動費は、原材料費や販売管理費等でしょうか。

事業計画の販売計画に経費計画を垂らし合わせて,利益の見通しを検討していきます。

 

また、事業主の生活や借入の返済なども計画通りできるかどうか検討します。

可能性がきわめて低かったなら、無理をせずに事業計画から考え直す勇気も大事です。

 

 

【会社設立運営の成功ポイント】

販売計画と損益計画を比較する

経費計画は固定費と変動費に分けて検討する

利益計画に事業主の生活費、借入の返済なども勘案しよう