資本金を払い込む・・・

 

定款の認証が終わったら、次に「資本金の証明」を作成します。

“資本金の払い込みの流れ”は以下のの通りです。

 

 

①発起人の個人口座を準備する

 

②発起人全員が発起人代表の口座に資本金となるお金を振り込む

 

③表紙や振込がわかる通帳部分のコピーを取る

 

④「払込証明書」を作成し、通帳のコピーと合わせる

 

 

1.「払込証明書」を作成し、添付書類とする

 

「資本金の証明」は、会社の資本金が金額通りに存在するということを証明するものです。

登記申請書の1つとして法務教へ提出します。

 

資本金を銀行口座へ振り込んで、記帳した通帳のコピーを使用するか、銀行に発行してもらった残高証明を使用するか、2つの方法がありどちらでもかまいません。

 

資本金の振込先は発起人の個人口座です。

発起人が複数いる場合は、代表を1人決めてその代表者個人の口座に振り込みます。

 

新規の口座を開設しなくても大丈夫ですが、注意する点がいくつかあります。

 

振り込むときには預け入れで振り込まないようにしてください。

たとえ発起人が1名で、自分自身の口座に振り込む場合でも、会社の資本金がきちんと振り込まれていることを証明しなければなりません。

 

具体的には、通帳の記帳面に振り込んだ人の氏名、金額、日付が印字されるようにします。

発起人が複数名いるときには、それぞれ出資した出資額の合計が資本金の額になっているように注意してください。

 

 

【失敗しない会社設立の成功ポイント】

発起人の名前がわかるように振り込む

振込額は資本金の額と一致する