「監査役」とは・・

 

こんにちは。八王子市の伊橋所長です。

取締役会設置会社では「監査役」を設置す
るのが原則です。

 

 

 

1.監査役とは

 

「監査役」は取締役など経営者の業務執行を
監査する機関です。

また、貸借対照表などの財務諸表に誤りがな
いかチェックする役割もあります。

 

 

取締役会を設置した会社は原則として、「監
査役」を置かなければなりません。

しかしながら、非公開会社会計参与(取締役
と共同で計算書類を作成する機関)を設置し
た会社は、監査役を置かなくてもかまいませ
ん。

 

 

「取締役会」を設置しない会社は、「監査役」
や会計参与を置く必要はありませんが、定款
に記載すると設置することもできます。

 

 

実務上、多くの場合で監査役や会計参与の
役割を、顧問税理士が行うので、取締役会を
設置しない会社では、「監査役」や会計参与
を置くことは少ないようです。

 

尚、監査役と会計参与の違いは、監査役が
取締役の作成した計算書類をチェックするの
に対して、会計参与は取締役とともに計算書
類を作成する点にあります。

 

 

2.監査役の任期について

 

「監査役」として選出されてから、4年後に行
われる株主総会が終了するまでになります。

 

 

監査役は取締役の業務執行を監査する機関
です。
会社が適正な経営を行うには、監査役が経営
陣から独立して職務を果たさなければなりま
せん。

 

 

ですから、監査役の任期は取締役よりも長期
間とされ、たとえ定款によっても短縮はできま
せん。

 

 

非公開会社の監査役も、任期は4年ですが、
監査役として選出されてから、10年後に行わ
れる株主総会が終了するまで延長すること
ができます。

 

 

監査役も取締役も任期を10年に延長する
場合は、定款で定めなければなりません。

 

 

<小さな会社の成功ポイント>

最近は会社の組織内容を検討せずに、
ひな形どおり簡単に「定款」を作成して
しまうが、後々支障が出るのでしっかり
検討が必要ですね。