「コンサルタント」に重要な2つの要件とは・・

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

とかく実体がわかりにくく、うさんくさく
見られがちな「コンサルタント」

 

しかして、「その実体は?」なんてね。

 

世の中には数限りなく自分の得意
分野で他人を支援する「コンサルタント」
が存在します。

 

 

その中で「コンサルタント」に求められる
要件があります。

 

 

 

1.営業・集客、契約獲得

 

 

ア)ブランド認知

 

知的生産業であるコンサルタントは、お試し
ができないー信用の上に成り立ってる部分
があります。

 

 

イ)集客方法

 

「コンサルタント」にとっても営業・集客は
存続にかかわる重要事項です。

 

セミナーや飛び込み営業、面会後のステップ
メールなどがあります。

 

 

ウ)契約ノウハウ

 

資料→資料→契約書→クロージングの
ステップが重要です。

 

 

 

 

もう一つの要件がこちら

 

2.クライアントに成果をもたらすことです。

 

 

ア)使用するツール

 

契約の延長率、いくつ持っているか。

 

 

イ)実行を促す仕組み

 

そもそもクライアントが実行しないと成果も
上がりません。
仕掛けと仕組みですね。

 

 

営業集客と契約獲得がないと、できないと
そもそも開店休業、業として成り立ち
ません。

 

また、クライアントに成果をもたらすことが
できないと、これもまた継続運営できません。

 

 

 

.「日報コンサルタント」が得られるもの

 

 

〇集客力:経験、スキルが得られる

 

〇安定収入:月払いのフィー

 

〇信頼関係:派生していく

 

〇成功事例:自分の成長になる

 

〇収入・充実感:貢献する喜び

 

005134_li

 

以上、日々絶え間ない努力なのです。

 

 

 

24年前に書き留めた“文章”に対する一考察・・・

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

「高度な仕事へチャレンジしていこうと
いう向上心、
強力なパワーを持ったスペシャリストへと
自らを高めていきたいという研鑽の心は、

 

自分に対する愛を深めていくことが
なければ生まれてこない。

 

 

よりよい人生をどう生き抜くかということを
考えることによってロマンが生まれ、

それを実現するために人は生きる。

 

 

常に仕事に対する愛を、喜びを、興味を
持ち、眠っているロマンを引き出し、

 

それに新しい発見を加えていくことによって
人々の心を動かし、期待されその結果とし
ての成長によって周りの多くの人々に

 

“ときめき”の心を波紋のように広げていく
そういう経営、
そのためにはクリエーティブ&
ディファレント。

(創造的かつ差別性があること)」

 

 

【伊橋所長一考察】

 

 

どうも外国人が書いた文章のようだ。

 

チャレンジ・向上心、スペシャリスト・研鑽
の心と対比させ、

 

これらは自分に対する愛を深めることのみに
よって得られるといっている。

 

確かに自分を慈しみ大事に育てることに
よって愛がはぐくまれ、他人を思いやれ
尊重できる。

 

 

次によりよい人生をどう生きるか。

ということをよく考えることによって、ロマン
が生まれ、実現する意欲が生まれる。

 

 

ここが核かもしれない
人はまず夢や大きな目標、

「どんな人間になりたいか。どんな人生を
生きたいか」

 

を決めないと、高い意欲で継続できない。

 

 

愛やロマンを常に引き出し、それに新しい
発見を加え成長~

 

Beingな高い目標や夢を毎日思い起こし、
はやりや外的な環境に対応する。

 

 

それによって人の心を動かし、期待と成長に
よって周りの人々に、“ときめき”の心が
波紋のように広がっていく経営・・・

 

会社は社員の共感と成長がないと、
クレドやスローガンは生まれない。

従って会社も成長しない。

 

 

ローラー飛び込み営業2日目・・・

 

「明けましておめでとうございます !

本年もよろしくお願いします。」

 

「人生を変える1年に!」

になるか、否する!

 

 

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

ということで、「ローラー飛び込み営業」
2日目でございます。

 

行政書士歴11年、生活してきた、
生きてきました。

 

「何で今さら飛び込み営業?」

 

 

いやいや違うんです。

ご存じのように、士業やコンサルタント業
などは、通常プル集客。

 

相談を受けて、受任する、という2段階の
2ステップマーケティング。

 

 

ですがですが~

半年たった
「日報コンサルティング」の
お客さま、モニターさま獲得には

 

 

自分軸から半径5キロ以内の
プッシュ型の
「ローラー飛び込み営業」が

 

向いている。←(日報ステーション本部
推奨?」
なのです。。

 

 

今日もやっちゃいましたー

「バイク屋」さんで
1時間の滞在=会話

 

ハイハイ、昨日もありました。
連日の1H対話!

 

 

・・・

 

 

市の事務所へ向かう道にある
小さな、小さな

それは小さな「バイク屋」さん。

 

 

でもね。
その「バイク屋」さんのご主人てのが!

お話を聞くと・・

 

YAMAHAのレースメカニックも勤めた
「技術者」でした。

 

だから、わからない専門用語はあっても
素人にも面白い
「人生のアナザーストーリー」

なのでした。

 

 

こんな立派な技術者でも廃業する
現実があるのですね・・・

 

 

 

でもね。

 

最後に・・・

 

 

「営業関係の人が来てもいつもは

話さなないし、全然相手しない、

あなたはこういう仕事が向いていますね」

って言われました。

 

 

これって褒め言葉ですよね!
嬉しかったです。

 

 

「遅かった!10年前に会って
いればな~」

とも言われました。

 

 

最も10年前には
小企業・小規模事業者」向けの
「応援日報」コンサルティングもやって
いませんでしたが。

 

 

もう一つ発見がありましたー

 

 

それは

「人の話を長時間聞ける、相手が
気持ちよく話せて
聞き上手で相談も受けられる能力が
自分にはある」

 

ということです。

 

 

普通の人がたいへんだと思うことが
さらっと平気でできてしまう
苦もなく夢中になって
時間も忘れてしまう。

 

 

これがその人の強みであり、
武器なんですね。

 

 

自分の強み=武器を再確認できた
価値ある「ローラー飛び込み営業」

の「人生を変える1日」でした。

 

 

 

 

走るビジネスマン