商工会議所に再入会・・・

 

こんばんは。東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

本日、地区担当の方が来所し、八王子
商工会議所」に再入会しました。

 

実に10年ぶりの入会になります。

 

 

今回入会したのは、開業当初のときとは
違う意図があります。

 

 

まあ、12年もたてば入会動機が変わるのが
当然と言えば当然ですね。

 

 

自分が行いたい地域密着の、
小規模企業・個人事業主への「売上・販促
支援」を進めていきたいためです。

 

それが「日報ステーション八王子」として
「応援日報」によるあなたの「目標達成支援」
です。

 

 

方や商工会議所は、「八王子市の中小・
小規模事業者のサポート応援」です。

 

はらね、目指すベクトルがほぼ一緒なの
です。

 

 

宣伝ではありませんが、地区担当者さん
の素早い対応に敬意を払って少し
「商工会議所」についてご紹介しましょう。

 

 

商工会議所は「商工会議所法」によって
運営されている「特別認可法人」で、
日本で最も歴史のある総合経済団体です。

 

 

「八王子商工会議所」は現在、会員数約
3800事業所が入会しているそうです。

 

業種、業態、規模、法人・個人を問わず
地区内の商工業の振興発展や社会福祉
の増進を目的にし、多くの事業を展開
しています。

 

 

まっ、紹介はこのぐらいにしますが、
中小企業の振興改善、経営相談、資金調達
、セミナー講習会、検定、保険、そして販促
や起業支援等を行っているのはみなさん
周知の通りです。

 

 

具体的には、「日報ステーション八王子」と
して、経営者が「応援日報」を毎日記入×
添削×面談のサイクルを通して、自分の
「目標設定と目標達成」をしていくことの

「セミナー開催」をまず4月に予定しています。

 

1月に始めた「飛び込み営業」とともに2本立で
周知ご紹介していきます。(少し心折れるとき
もありますが・・)

 

なぜって、「日報コンサルタント」は東京の
多摩地区には1人しかいませんし。

 

そして、東京多摩地区の小規模事業者が
売上を上げて

 

「元気になって世の中を良くする!」

 

のが伊橋所長のミッションだからです。

 

 

ではまた。