食品ロスが「ダブルインカムビジネス」に・・・

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

okaneirasuto

 

まだ食べられるのに廃棄されている
「食品ロス」を減らす「3010運動」という
取組があります。

 

 

宴会などで開始直後と終了間際で、料理
に箸をのばす時間を設定する運動です。

 

 

 

農林水産省によると、日本では年間約
2800万トンの食品廃棄物が出ている。

 

そのうち、食品ロスは約632万トン。

 

ホテルやレストランなどの食べ残しが半分
ほどほどで、それ以外は家庭から出た
ものです。

 

 

 

会社などの宴会では、営業先や上司に挨拶
するために会場を動き回ったり、
会話に夢中になったりすることがよくある。

 

 

 

料理に手を出すタイミングを逃すことも多く、
それが食べ残しにつながってしまう。

 

 

 

開始30分と最後の10分という時間設定には
特に明確な理由があるわけではなく、

 

要は宴会開始直後と終了前に「食べきり
タイム」を設定していることに意味がある。

 

 

 

消費者庁では残った料理のアレンジレシピ
を、料理レシピサイト「クックパッド」で
紹介している。

 

 

 

同庁担当者は「冷蔵庫の食材を使い
切ったり無駄をなくしたりする」

「工夫のきっかけにして欲しい」
と話している。

 

 

 

【引用:朝日新聞】

 

 

 

もちろん食品ロスはもったいないし、
廃棄するにも有料ですから、コスト
分の利益が下がります。

 

 

 

でもビジネスの面から考えとみると、
そんなに食品ロスがあるのなら、
その資源・商品の側面をみる。

 

 

 

すでにリサイクル、リユース、リデュース
の利用方法がありますね。

 

食品廃棄物から家畜の食料を作ったり、
植物の肥料を生産するビジネスは
すでにあります。

 

その再利用が全く新しい商品となったり、
地球の温暖化や砂漠化を防ぐビジネス
モデルが生まれたらどうだろう。

 

 

 

産廃業者さんに聞いたことがあります。
出してるお店やレストランでも

 

「所詮ゴミはゴミだから高く払いたくない」
という意識はあるそうです。

 

 

 

でも引き取るときが有料で、その後
食品に限らず売れる商品に再生産したら

 

ねっ・・・

 

 

「ダブルインカム」の「ビジネスモデル」が
出来上がります。

 

 

これって材料がすでにプラスなので
最強の「ビジネスモデル」ですね。