“応援日報”で成果が出る理由・・・

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

「書いた人から売上が上がる“応援日報”

 

あなたは信じられますか?」

 

 

上昇傾向

 

 

 

従来型の上司報告型の日報・・・うそ、
いいかげん、見直しなくておまけに成果
でない

 

これに対して“応援日報”は・・・目標達成
の手段として書きます。

目的達成のために書きます。自分の行動を
振り返り、どうしたらいいか考える。
気づきがあると改善できます。

 

 

 

経営者の日報を添削して、赤字の雑貨
店やFC店を日本一にするなどの成果が
でます。

●5年連続赤字だった地方の雑貨店が

わずか1年でサングラス販売本数
日本一に!

●引きこもりが3カ月の起業準備で
FC店経営。
しかも開店月から売上日本一に!

●人脈も知名度もなかった店の営業
マンが、飛び込み営業で新規獲得
300件、売上倍増!

●10年間の連続赤字の赤字体質に
なっていた、

アパレル店を1年で黒字化!

実は、このたった1枚の日報の中に、

自社を日本一にするノウハウが凝縮
されているんです!

その詳細を、これからご紹介していき
ます。

日報みたいな地味で、面白くもない!?
と思われるかもしれません。

しかし、日報を書く方も、添削する方
(見る方)も正しい活用法を知りません。

僕は経営者の日報を添削していますが、
まずは、社長自身が一日を振り返って

日報を書く事で日報の重要さに気づか
れるのが一番です。

そこで、今回は、まず社長自身が書く
日報をご紹介します。

日報を書くときのポイントは3つです。

1つ目は時間軸での行動の予定と記録、
多くの方が自分のお仕事の思いがけない
無駄な時間、ムラなどに気づかれます。

2つ目が実践予告。すごく大がかりな事
に思えますが、何をするかを事前に書い
ておくのです。

Todoという形でもいいですし、今日やる
べき事として記入するのもいいです。

とにかくやらなければいけない事を書き
だす事で、その行動に対する意識が高
まります。

3つ目が、予告と現実と違いからの気づき。
予告通り実践できればこの上なく良いで

すが多くの方が現実は予定とは異なって
きます。

しかしダメだったで終わらせないのが
日報です。

何が問題でできなかったのか?を明確に
します。

次にもし同じ状況が訪れても機敏に対応
できます。

まず社長ご自身が日報を書いてみてください!

一ヶ月後には、ご自身の時間の過ごし方、

日々の気づきの蓄積に気づくと思います。

その気付きを基に、行動を決めていくと
最善の行動がとれます。

どう気づき、どう行動して行けばよいかを
次回から事例も交えてご説明させていただ
きます。

社長も含め、幹部社員から、一般社員、
またアルバイトまで日報を徹底させ、

より濃い内容の仕事をお一人お一人が

やって行くことで、

あなたの会社も日本一になれます。

【参考:日報ステーション本部】