“ふるさと納税”大繁盛・・・

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

 

母親の病院への付添の帰り、府中にある
板さんがいる回転寿司によって
帰りました。

 

良く行く板さんのいない「スシロー」より
若干お高め、少しおいしいのであります。

 

 

いつも2人で14皿よりより多めの19皿
いただきました。

 

 

母が私同等以上に食欲があって
何よりです。

 

 

 

menekineko

 

 

 

 

さて、「ふるさと納税」

返礼品ばかりが注目を集め、本来の
目的から外れ、

寄付のあり方や税制がゆがめられるばかり
であります。

 

 

 

高級牛肉やら、家電や情報機器、さらには
商品券まで、通販のごとくの様相ですわ。

 

 

 

安倍政権が地方創生の目玉として拡充
しましたが、

最大の要因は自治体が寄付者に送る
返礼品ですな。

 

 

 

 

自治体に寄付すると、国への所得税や
自治体への住民税が軽減される
“ふるさと納税”

 

 

 

2015年度には前年から4倍の1600億円に
増え、
2016年度は倍増の3000億円になる
勢いです。

 

 

 

ふるさと納税は、所得に応じて限度額まで
の寄付なら、
寄付額から2000円を引いた金額が手元
に戻る仕組み。

 

つまり、2000円の負担で欲しい商品や
サービスが手に入るわけですね。

 

 

 

 

ここで問題が・・・・

 

 

見返りがないか無いに等しい民間団体へ
の寄付が不利になります。

 

 

高所得者ほど限度額が増え、多くの
返礼品を得られるので、所得の再分配が
妨げられる。

 

 

 

そんな批判が多いのに改善が進まないのは
自治体にもメリットがあるからのようだ。

 

 

地元の産業が潤って雇用が守られ、知名度
も上がる。

 

寄付金を返礼品につぎ込んでもおつりが
来る。

 

 

過疎化と財政難に苦しむ地方の自治体の
本音がうかがえますね。

 

 

でもね。

 

 

NPOや公益団体への寄付や、ネットの
クラウドファンディングでも、

具体的な事業の目的と内容を示した上で
お金を募るのが原則です。

 

やはり地元の行政としての取組を示す
のが前提でしょう。

 

 

 

総務省は過度な返礼の自粛等、
改選策をまとめます。

 

 

 

寄付額と活用状況を共に公開した
自治体は全体の半数に満たない。

 

 

 

先ずは使い道を示す。

そして、いくら集まり、いくらどう
使ったかを報告するのが義務。

 

 

政策や事業への共感でお金が集まる
そんな“ふるさと納税”であって
欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ4月18、19日

 

書いた人から売上が上がる

 

「売上日報セミナー」開催

 

 

 

 

 

 

 

 

「行動を成果と結びつける日報」

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

春の風は強く。
3軒先の公園の桜の花びらが所長の家の
庭や部屋の中にも舞い込んでいます。
毎日、鋭くアンテナを立て、
お客様や商品の動向の変化に気づく。

 

 

 

右上がり

 

 

 

 

変化には必ず原因があります。
原因があれば対策を立て、実践に移すことが
可能です。
今回お話のポイントは2つ。どちらも計画や
実践を、より大きな成果に確実につなぐ
上で非常に重要なポイントです。

 

 

 

 

まず、目標と現実のギャップをリアルな
数字で把握します。

 

その上で、ギャップを作る原因を探り、
それを解決すべく行動する。
これが決定的に重要なわけです。

 

 

 

 

しかし、ビジネスは原因と結果が目に
見えて分かるような単純なことばかり
ではありません。

 

 

例えば、会社全体の業績低迷や顧客数
の低下など。
問題を大きくとらえてしまうと、闇の
中で雲をつかむような状態に陥ります。

 

 

 

新しいツールやメディアに求めるアドバイ
スは、コンサルタントが使いたがる安易な
常套手段です。
問題が大きく見える時ほど、冷静に内側を
見ることが重要です。
その内側こそ、まさに日報。そこにこそ、
問題解決のヒントが詰まっています。

 

 

 

 

日常の小さな試行錯誤と、それによる変化
の記録の積み重ね。これこそがダイヤの
原石なのです。

 

 

あとは、「仮説と検証」という方法で磨き
上げていくだけです。

 

仮説と検証は可能な限り短時間、小資金を
原則とします。

 

ポイントの1つ目。「小さな計画を実行し
記録する」こと。

 

 

 

変化があれば、さらに改善。変化がなければ
止め、新たな改善ポイントを探ります。
その繰り返しです。

 

これが重要ポイント2つ目。「仮説に沿って
実践し、結果がよければ続ける。ダメなら
止める」こと。

 

 

 

少しずつ改善し、こつこつ記録していく
ことの効果は想像以上に絶大です。

 

 

 

 

自分の記録した日報の中に、成果を上げる
ヒントがつまっている。それをひもとけば、
やるべきこともやめることも見える。

 

 

そして成果につながる。これで自信が生ま
れないはずがありません。

 

 

 

 

さて日報を活用して「内側」に目を向け、
確実に成果を出すというお話でした。
あなたは、外にばかり気を取られて、
根拠のない試行錯誤を繰り返していま
せんでしたか?

 

 

それを変えるために、まずやるべきことは?
それが「日報を付ける」

 

 

単純で実は一番効果のある方法なのです。

 

 

 

もっと詳しく知りたい方

「売上日報セミナー」においでください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わたしは、ダニエル・ブレイク」を見て・・

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

oyako

 

 

 

 

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』
見ました。

 

 

一言でいうと悲しく哀しいストーリー。

 

 

 

ダニエルは心臓病を患い医者から
仕事を止められている5、60代の
腕のいい大工。

 

 

 

今は手当をもらって体の回復を待
っている。

 

手当をもらうには役所が求める
更新の手続が必要だ。

 

 

でもダニエルは典型的なIT弱者。

 

 

それでも先ずは登録からだ。

周りに聞きながら登録のクリック!

 

 

でも時間オーバーでまたもフリ
ーズ。
失敗続きだ。

 

 

 

電話をして担当官の指示を受けなければ
ならない。

 

でも電話しても、例の係につなぐための
番号を選びながら延々と待たなけれ
ばならない。

 

 

必要な係との面談では内容がわかって
いるのに始めからマニュアル通りの同じ
質問の繰り返し。

 

人間的な感情はなく、ちょっとジョークを
言っても・・

不真面目とみなされ不利な判定を受ける。

 

 

 

ついには手当も打ち切られ、審査請求
から役所への不服申立をするにも、

 

求職の証拠が必要で、

 

役所の指示で

 

履歴書の書き方教室に出席したり、
仕事につけないのに求職活動をしなけれ
ばならなくなる。

 

 

 

そんな中、役所で同じようにぞんざいな
扱いを受けるイギリスからの移民の
2人の子どもを抱えるシングルマザーと

ダニエルは知り合う。

 

 

 

シングルマザーはダニエルと同じように
中々手当を受けられずにいた。

 

食事は2人の子どもに分け与えて、
自分は何日も取らずにいた。

 

 

ボランティアで食糧の配給を受けて
いるとき、

シングルマザーはあまりの空腹に
缶詰からその中身を手づかみで

食べてしまう。

 

 

スーパーマーケットでは万引きして
捕まり、

 

ついには子どもと生きるために、体を
売るような仕事に就いてしまう。

 

 

 

ダニエルは優しく傷つけないように
その親子を気遣い助けて励ます。

 

 

 

しかし家財を売り払ったダニエル自身も
やがて心が折れ引きこもり

心を閉ざしてしまう。

 

 

 

そんなドアを閉ざしたダニエルに、
シングルマザーの
子どもの女の子がいったひとこと

 

 

「質問があるの。

あなたは私たちを助けてくれたよね。

そして今度は私たちがあなたを助け

たいの!」

 

 

ダニエルはその言葉で我に返り
ドアノブを回した。

 

 

 

ラストは

 

シングルマザーの助けでダニエルが
役所相手に勝ち目のある訴訟を
起こす日に

 

 

少し緊張して興奮気味のダニエルが

洗面所で心臓発作に倒れ

戻らぬ人になってしまう。

 

 

 

 

これって日本でも当たり前のように
起きている現実ですよね。

 

 

宅急便や役所に問合せしたくても
番号を選ばされて、やっとたどり
ついたと思っても

 

オペレーターがふさがっていて
延々と待たされ

しまいには電話が勝手に切れてしまう。

 

 

この最悪なサービスは一体全体なんなんだ。

 

 

 

所長は昨日、戸籍収集の業務で
門司市の市役所の代表電話が

午後半日いっぱいつながらない
現実に遭遇しました。

 

 

門司市の市民はどこに問い合わせ
たらいいんでしょうね?

 

 

 

『わたしは、ダニエル・ブレイク』は

 

納税をしていて、善良な小市民で

ある人間の、「尊厳と権利」を

静かに訴え続けた哀しくせつない

ストーリーでした。