イチロー杯でのイチロー金言・・・

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

先ずは少年野球「イチロー杯」での
イチロー会長挨拶抜粋から。

 
「こんにちは!!

マイアミ・マーリンズのイチローです。

ここにいる3チームのみんな、本当に
おめでとう。199チームの中から、
3チームに残ったこと、勝ち上がったこと、
本当に凄いと思います。

 

 

僕は(ナ・リーグ東地区)5チームの中で
今年も3位でした。

 

今年の僕がみんなにかけてあげられ
る言葉を少し探してみました。

 

今年メジャーリーグで3000というヒット
を達成することができました。こういうこと
があると、たくさんの人から褒めて
もらえます。

 

そして、イチローは人の2倍も3倍も
頑張っていると言う人が結構います。
でも、そんなことは全くありません
「人との比較ではなくて、自分の中で
少し頑張った」

 

「人の2倍とか3倍頑張ることってでき
ないよね。みんなも頑張っているから
わかると思うんだけど。

 

頑張るとしたら自分の限界……自分の
限界って自分で分かるよね。

 

その時に自分の中でもう少しだけ
頑張ってみる。ということを重ねて
いってほしいな、というふうに思います。

 

 

みんなが今、僕を目の前にして……
日本のプロ野球で何年かやって
アメリカに行って16年終わったんだ
けども、そういう目に見える結果を残した
からそんなふうに言えるんじゃないか
って思っているかもしれないけど、

 

それは全く違っていて、僕もみんなと
同じように野球少年だったし、ここに今日
来てくれた関根選手もみんなと同じ。

 

しかも彼は毎年、1回戦負けの選手でした。
ね?

 

みんなの方が成績がいいんだよ。現段階
では。

 

 

彼もきっと人との比較ではなくて、自分の
中でちょっとだけ頑張った。そのことを続け
ていくと、将来、思ってもいなかった自分に
なっている。

 

と僕は思うし、実際、僕だってメジャーリーガ
ーになれると思っていなかったし、アメリカで
3000本打てるなんてことは全く想像が当時
できなかったんだけど、

今言ったように、自分の中でちょっとだけ
頑張ってきた。

 

 

それを重ねてきたことで、今現在(の自分)
になれたと実感しているので、今日はこの
言葉をみんなに伝えたいと思います」

 

 

 

「結果」と「評価」は似て非なるものなのである。

 

 

キーワードは「自分の中でもう少しだけ頑張
ってみる。
ということを重ねる」と「人との比較ではなくて、
自分の中でちょっとだけ頑張った。

 

そのことを続けていく」にあると感じている。

 

 

 

参考抜粋
FullーCount

 

 

 

どうです?

 

老若男女、どんな職業にあっても、すべての
ポジションでも当てはまるって思いません?

 

イチローが残した実績から、「天才だ!」って
すぐ言われますが、

 

 

①人の2倍も3倍も頑張っていると言われる、
でもそんなことはないと否定している。

 

② 人との比較ではなく、自分の中で少し
だけ頑張ってみる。
ということを積み重ねている。

 

 

 

「やりたいこと、目指したいことをちょっと
だけ頑張ってみる。
そのことを積み重ねる。」

 

 

これなら誰でもできますよね。

そう、誰でもできることを、少しずつ毎日
積み重ねる。愚直に・・・

 

 

誰でできることを少しずつ改善しながら
ずっと続ける。

ことが誰にもできないのです。

 

 

もちろんそこには、

 

マイルール化、止める勇気、改善、遠い
目標、そして絶え間ない前進。
継続する能力があります。

 

 

日々の課題を解決し、遙かなビジョン、
ドリームを繰り返し反芻します。

 

 

そして、ライバルがいて、見守るコーチが
います。

 

 

もう一度言います!

 

 

「誰でもできることを、目標に向かって
改善して積み重ねていく」

 

 

 

これができたらスポーツでも、
ビジネスでも、きっと成功していくと
思いませんか?

 

 

誰にもできる「応援日報」を
目標に向かって
改善して微差を積み重ねる。

 

 

point

 

 

これこそ「日報コンサルタント」の
出番で真骨頂なのです。

 

 

ではまた。