世界の資産「上位8人=下位半分(36億人)・・

point

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

衝撃的数字・・・

去年も書いたと思いますが、

今年はもっと顕著・はっきりしている。

 

 

国際NGOの「オックスフファム」は16日、
2016年に世界で最も裕福な8人の
資産の合計が、世界人口の内、

 

経済的に恵まれない下から半分
(約36億人)の資産合計とほぼ同じ
だったとする報告書を発表した。

 

 

今回スイス金融大手クレディ・スイスの
調査データと、米経済誌フォーブスの
長者番付を比較して試算した。

 

 

下位半分の資産は、上位8人の資産の
合計約4260億ドル(約48兆6千億円)に
相当するという。

 

 

オックスファムは昨年の報告書で、15年
の下位半分の資産額は上位62人の合計
(約1兆7600億ドル)に相当するとして
いた。

 

 

今回は新興国で詳細なデータが追加され
たことで、下位半分の資産額が世界全体
の資産に占める割合は、

15年の0,7%から0,2%に減った。

 

 

また報告書では1988年から2011年の間に
下位10%の所得は年平均3ドルも増えて
いないのに対し、

 

上位1%の所得は182倍になり、格差が
広がっていると指摘している。

 

 

経済格差の背景には労働者の賃金の低迷や
大企業や富裕層による課税逃れなどがあると
して、

 

経済のあり方に抜本的な変化が必要だと
訴えている。

 

 

 

【参考:朝日新聞】

 

 

 

 

 

【伊橋所長の眼】

 

 

これはひどい!

 

いくらビジネスでお金を儲けるドリームが
あるにせよ、せよですよ。

 

 

あまりに極端すぎるでしょ!

 

だって、8人の金持ちの資産額と、世界の
人口の半分の36億人の下位層の合計額が
一緒なんて・・・

 

やっぱり不均衡ですよね。

 

 

もちろん資本主義はビジネスこそ自由です
けど(案外社会主義国の富裕層が入って
いたりして・・・)

 

 

アメリカでは、経済的成功者はより寄付や
人道問題に関心を示す傾向がありますが。

 

 

大企業や富裕層の税金逃れは見過ごし
てはいけないし、

 

だいたいそんなにお金を抱えていたら、
それこそ市場経済が回っていかないよね。

 

 

最近交渉してる経団連と連合の、賃金・
ベアアップ交渉どころじゃないです。

 

 

やっぱり上位組の富裕層には、せめて
所得の10%、いや1%でも

 

世界の紛争や飢餓で飢えている子ども
の食料や、教育に回してもらいたいもの
です。