稀勢の里の厳しい稽古と売上日報で行動が変わる

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

 

pdca

 

 

 

横綱稀勢の里の大逆転優勝!」

 

 

すでに2日以上たっていますが、その感動は
まだ新しい。

 

左手がほとんど使えない状態で、本割と
決定戦の2度勝てるものでしょうか。

 

 

解説の北の富士さんや舞の海さんも、2人
とも予想を外す感動を得られたと言って
いました。

 

 

照ノ富士の膝も痛かったから。

照ノ富士との相性がいいから。

大相撲ファンの声援が後押ししたから。

 

 

どれも本当でしょう。

稀勢の里も

 

「普段の力以上の力が出せた」

 

と言っています。

 

 

 

でもね・・・

 

 

 

やっぱり毎日の厳しい稽古のたまもの。
そして、

 

横綱への挑戦を何度も跳ね返された
大関時代の長い長い苦しいトンネルを
何度も味わったから。

 

 

 

強い強い「不屈の精神力」が養われた
おかげだと思いますね。

 

 

 

たゆまない稽古という行動が不屈の精神力
を作った。

 

 

 

【応援日報で行動が変わる】

 

 

 

僕も多くの社長の日報を見ていますが、
日報は、ただ書けばよいだけではなく、

 
「気付きそれを成果の出せる行動に変えて」
いかなくてはなりません。
実はその為には3つのポイントがあります。

 

 

 

月間の目標売上として決め、日々の売上
目標も決めました。

 

目標売上を明確に設定することで、成果
を出すためにどうしても現在の売上と
向き合うようになります。

 

 

 

また、数字にして、しっかりと実態を知る
事でやるべき行動が見えてきます。
ここが1つ目のポイント 「数字にして実態
を知ることが、行動への第一歩」

 

 

 

 

日々なにをやれば、売上が上がるか、
上がらないか考え行動する姿は、以前とは
違い使命感に燃えたきびきびとしたもの
でした。
ここがポイント2つ目です。「良い、悪いと
言うだけでなく、
「なぜ、こんな良い・悪い成果が出たのか」
という理由を考えれば
やるべき行動が浮かびます。」

 

 
ある社長は、売上同様、毎朝これはやら
なくてはいけないと言う事、を日報に
記録しました。

 

 

 

これが最後のポイント3つめの 「自分の感覚
ではなく、実際の予定と行動を比較し行動
を見直して気づく

 

 

 

 

今回はとても小さな変化、気付きを行動に
変えると言う部分ですが、この部分を
しっかりやってこそ、やるべき行動に
繋がり、成果が出ます。