発起人を決めよう・・・

 

株式会社をつくろうとする人を「発起人」といいます。
発起人は1人でもかまいません。まずは発起人を決めましょう。

 

1.会社設立の方法には2つある

 

☆発起設立

一つ目は友人や家族など限られた人たちが、お金を出し合って会社の株式をすべて引き受けて設立する「発起設立」です。

現在ではこの方法が主流で、小さな会社の場合のほとんどがこの方法で設立しています。

 

☆募集設立

「募集設立」とは、より広く一般の人たちから資金を集めて会社設立する方法で、発起人以外の人たちにも株式を引き受けてもらいます。
募集設立は比較的手続が難しくなってきます。

 

ここでこの2つの設立方法のどちらを選択するかという問題が出てきますが、自分ひとりや家族友人という身近な人で資本金を集める場合や、小さな会社をつくる場合には、発起人設立で十分です。

会社は株主のものですから、会社の経営に口出しして欲しくない人に株主になってもらうと、後から不都合なことが出てきてしまいます。
株式会社設立は発起人設立が主流になっています。

 

2.発起人が会社をつくる

 

株式会社設立には、基本事項を決めたり、会社の定款を作成したりする手続が必要ですが、この会社をつくる作業をする人が「発起人」です。

ですから会社をつくろうとした人が決まらないと、会社設立手続が何も始まらないないのです。

 

発起人は一名以上と決まられています。
発起人が複数で人数が多いとその手続も煩雑になりますので、小さな会社を設立するときは、なるべき少人数の発起人から始めましょう。

 

発起人は必ず発行する株式を1株以上引き受けなければなりません。
株主として会社を所有するともいえますので、発起人の選定は慎重にするべきです。

発起人の資格要件は特になく、法人や未成年者でも理論上なれますが、法定代理人の同意が必要になったり、印鑑登録できない場合もあります。