会社の印鑑をつくろう・・・

 

商号(社名)が決まり、問題なく使えることになったら、会社の印鑑を作ります。

会社の印鑑には3点セット呼ばれる、「会社代表者印」、「銀行印」、「角印」があります。

 

 

1.絶対必要なのが「会社代表者印」

 

株式会社を設立すると,必ず必要なのが「会社代表者印」です。

これは会社の実印とも呼ばれているもので、絶対につくる必要があり、法務局に「会社代表者印」として登録の届出をしなければいけません。

 

外側に会社名が入り,内側に代表取締役印と刻まれています。
大きさは3cmの正方形に収まるものになります。

 

この代表者印は個人の実印同様たいへん大事なもので、株式会社設立後も使用します。

会社と会社、または会社と個人が契約書などを作成するときに押印する重要な印鑑ですね。

 

 

2.資金(キャッシュ)の出し入れに使用する「銀行印」

 

会社が銀行に株式会社の法人口座を開設するときに使用するのが「銀行印」です。

銀行印は会社の売上や仕入、従業員の給与などを入出金するときに、銀行との取引に使用する大事な印鑑です。

 

1つの印鑑で預金が引き出されたり、勝手に契約がなされてしまうリスクを防ぐためにも、極力「会社代表者印」とは別に「銀行印」をつくっておきましょう。

 

 

3.請求書や領収書などに使用する角印

 

3つめにあったほうが断然便利な会社の印鑑が、「角印」です。

角印は、会社の日常業務に使う印鑑で、領収証、納品書、請求書などに使用します。

 

この角印は、法律的にはつくらなくてもOKですが、会社の日常業務用としてぜひつくっておきましょう。

 

もう一つ用意しておきたいのが、住所、会社名、代表者名、電話番号などが記載された「ゴム印」です。

法人化された階部式会社は、書類の作成が増えますから、あると会社の事務が効率的ですね。

 

 

【会社設立成功法則】

「会社代表者印」は必ずつくりましょう

実務に必須な「銀行印」、「角印」、「ゴム印」も用意する