会社設立に必要な費用は?

 

1.自分ですべてやれば約30万円・・

 

以前に比べると、株式会社の最低資本金の規制が撤廃されて資本金1円から設立できたり、定款の電子認証ができますから設立費用もだいぶハードルが下がりました。

そうはいっても・・・

〇公証役場の定款認証料 5万円
〇定款印紙 4万円
〇印鑑セット 1.5万円
〇登録免許税 15万円
〇会社謄本等書類代 3千円

以上、約26万円はかかります。

 

これらの費用だけではなく、交通費や通信費など雑費がかかります。

自分だけですべて手続きしたとしても、30万円ぐらいは用意しておきたいところです。

 

 

2.プロの専門家に依頼すると・・

 

会社設立の専門家に依頼すると。その手数料が必要です。

すべて依頼すると、その事務所によって違いますが7万円~12万円かかります。

 

しかしながら、費用はかかっても何度も役所に行く手間は省けますし、疑問点は解消するまで相談に乗ってもらえます。

そしてなにより失敗しない“会社設立”ができますね。

 

 

3.定款電子認証なら節約できる・・・

 

公証役場には「定款電子認証」というサービスがあります。

電子認証には「電子証明書」が別途必要になりますが、一回の会社設立手続に初期費用として購入するのももったいない出費です。

 

そこで専門家に依頼するメリットとして、収入印紙代4万円節約できるメリットもあります。

依頼する費用から収入印紙代4万円を差し引けば、数万円の出費で済むことになりますね。

 

 

【失敗しない会社設立ポイント】

すべて自分で手続きする場合でも30万円は用意する

役所に行ったり来たりする時間と手間はけっこう面倒

専門家に依頼すると、4万円節約できてとことん相談できる