定款とは何か?

 

会社を設立するには、必ず「定款」を作成しなければなりません。

「定款」とは会社の組織や運営に関する基本的なルールです。
つまり会社における憲法のようなものです。

定款は会社の最も重要な規則を定めたものですから、法律の規定によって株式会社を設立するには、その要件である「定款」を作成しなければなりません。

 

定款を見ると,その会社の事業内容や会社の創業者は誰なのか?といった会社の根本にかかわることがわかります。

 

 

1.定款に記載しないと無効になる「絶対的記載事項」

 

「接待的記載事項」と呼ばれる部分の記載がないと、定款は無効になります。

以下に記載したものが「絶対的記載事項」になります。

 

①会社の商号

②会社の目的

③本店所在地

④設立時の出資額または最低額

⑤発起人の氏名,住所

⑥発効可能株式総数

 

 

2.記載しないと効力が発生しない「相対的記載事項」

 

「相対的記載事項」には

①現物出資

②株式の譲渡制限

③発起人が受ける報酬

④財産引受

などがありますが、けっこう重要な項目ですね。

 

 

3.定款に記載してもしなくてもいい「任意的記載事項」

 

「任意的記載事項」には

①事業年度

②定時株主総会の開催時期

③株主総会の議長の定め

などがあります。

 

通常、「事業年度」「役員の数」「広告の方法」などは定款に記載します。

 

 

 

【失敗しない会社設立ポイント】

必ず定款に記載しなければならない事項に注意する

自分だけのルールを持つ定款は専門家に相談