ブログ

八王子多摩会社設立応援ブログ

ブログ一覧

礼儀やマナー本当に日本ていい?

batu

 

 

「A4一枚で「今やるべきこと」に気づく

「応援日報」」

 

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

batu

 

 

 

 

「外国人が日本や日本人に感心することは

何か」

 

 

 

よく聞くのが

 

●「日本人は礼儀正しい」

 

●電車や壁に落書きがない

 

●「日本人はみんな親切」

 

●順番や列を作ってルールを守る

 

 

なとなど言うけど

 

本当にそうだろうか?

 

 

 

とりわけ気になるのがマナーだ。

 

 

例えば電車やバスで高齢者に席を譲る若者
がめっきり減っている。

 

 

 

先日も80代とおぼしきおばあさんが杖をつき
ながら電車に乗ってきた。

 

 

周りをしきりに見回していたが、若い人たち
は寝ているか、スマートフォンに熱中して
いて気づかない。

 

 

 

結局席を替わったのは50代の男性だった。

 

 

 

先日バスでは学校帰りの高校生が荷物で
2人分の席を占領したり、
空間を空けて座ったりしていた。

 

 

近くで高齢者が手すり委にしがみついて
いても知らん顔だ。

 

 

そばにいた同級生や大人もみんな注意すること
もなく我関せずを決め込んでいた。

 

 

 

こんな姿を日本が好きで来る外国人に見せて
よいのだろうか。

 

 

 

次は路上喫煙。

 

歩きたばこやバス停近くは言うに及ばず、
本人は迷惑をけけている自覚さえない。

 

 

 

他にも歩行者の鼻先をかすめて疾走する
自転車やウィンカーを出さずに急に曲がる

 

自動車など自分勝手な行為がまかり
通っている。

 

 

 

 

外国人が褒める、ルールをよく守り秩序
立てる思いやりやおもてなしのできる
国民といえるだろうか。

 

 

 

こんなに他人の行動や振る舞いに気づかず
関心を示さない人たちが、会社員やショップ
の店員だったらどうなんだろう。

 

 

 

「顧客志向」

 

「顧客満足」

 

「現場が顧客心理やトレンドの最前線」

 

 

 

などといくら言ってもそれこそ絵空事
である。

 

ビジネスの機会損失は甚だしいのである。

 

 

 

 

ちょっと周りを見渡して他人に手を差し
のべる。

 

 

自分さえよければ問題なしとする風潮も
立て直すべきだ。

 

 

 

外国人が驚愕する伝統や技術、忘れかけ
ている道徳心や親のしつけなど。

 

 

 

外国人が日本の外から見てびっくりする
くらい“よい点”を

外国人の目を通して日本人が、再確認や
再び学ぶことが必要だ。

 

 

 

毎日のビジネスの忙しさの中で

 

この「気づき」や「振り返り」の必要性を
再確認させてくれるのが「応援日報」
なのです。

 

 

 

 

 

 

 

行政書士業もちゃんとやってます・・

setumei

 

 

 

「「自分のために書く日報」を活用すれば

世界が180度変わる!」

 

 

 

setumei

 

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

「応援日報」「売上日報」による社員5名以下の
小規模企業・個人事業主向けの売上倍増・
販促支援コンサルティングしています。

 

 

が、

 

 

従来からの「行政書士業」もしっかりやって
ます。

 

 

 

今受任している案件は成年後見、離婚問題、
株式会社の移転からの建設業許可&建築士
事務所登録など。

 

 

 

行政書士の仕事と日報コンサルタントに
共通しているのは、依頼者の悩みごと・
困りごとの問題解決支援という点。

 

 

 

個人案件で言えば、老後や障がい者の
将来や財産の不安を解消するのが
成年後見制度や遺言相続です。

 

 

 

 

夫婦関係が壊れると離婚協議書や財産分与、
BtoCや個人間でのトラブルには内容証明で
問題解決の糸口を探ります。

 

 

 

法人や会社でしたら、法人設立から資金調達
で起業から存続をサポートします。

 

許認可から契約の立ち会いや財務、後継者
問題などで相談を受けることも多くなって
きました。

 

 

 

そして中小企業がまず取り組むべき売上・
販促の支援ができる「日報コンサルタント」
へと続きます。

 

 

 

ですからいきなり経営コンサルになった
わけではなく、

 

八王子多摩の「地域密着で中小企業の
応援をして世の中を良くしたい」という大義
理念の延長線上に

 

 

「売上応援日報」による中小企業の売上倍増・
販促支援を得意とする「日報コンサルタント」
へと発展していったのです。

 

 

 

「書いた人からみるみる売上が上がる」

 

「応援日報」「売上日報」の内容と成果が出て
いるその秘密については、次回以降
お話ししていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人初、女流プロ棋士・・

四つ葉

 

 

 

「なぜ「売上日報」を書くだけで短期間に

売上がみるみる上がるのか?」

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

きょうの「ビジネスの視座」は

「外国人初の女流プロ棋士誕生!」です。

 

 

 

四つ葉

 

 

 

ポーランド出身で将棋のカテリーナ・ステ
チエンスカ女流3級が今月、渋谷区の将棋
会館で行われた対局で、

 

勝利し、

 

規定により正規の女流棋士として認められる
女流2級への昇級を決めた。

 

 

 

>すばらしい!

>新たな「女流棋士」の誕生である。

 

 

 

日本将棋連盟によると、
外国人が将棋のプロになるのは男性の棋士
を含めて初!

 

 

 

>これだけ日本の文化が世界で紹介され

>ている中で、日本の棋士界で男女を含めて

>外国人プロ棋士は初、初めて!

 

 

 

ステチェンスカさんは16歳の頃、大好きな
漫画「NARUTO」の登場人物が将棋を
指しているのを見て将棋に興味を持った。

 

 

 

>マンガやアニメが好きになって日本に興味
>を持つパターンが非常に多い。

>インターネットやYouTubeを介して文化に
>興味を持ってくれるというインターネットの

>良い側面だ。

 

 

 

インターネットでルールを覚え、ネット対局
で腕を磨き2013年に来日した。

 

「チェスと違い、取ったコマを使えて終盤が
ダイナミックなところが面白い」

 

 

 

女流棋士の養成機関「研修会」で好成績を
あげ、15年10月に女流3級になっていた。

 

 

 

将棋にのプロになるには、棋士と女流棋士
がある。

 

 

男女の区別がない「棋士」になるには、
「研修会」よりレベルの高い養成機関
「奨励会」を突破しなければならない。

 

 

まだ女性の「棋士」は日本人を含めて誕生
していない。

 

 

 

>来日して3年

>将棋を知って研鑽して約10年。

 

>「毎日1時間勉強して10年研究すれば

>「教授」になれるのである」

 

>彼女はそれを成し遂げてプロになった!

 

>人は「こうなりたい自分」が見つかったら
>始めるのに遅すぎることはないのである。

 

 

 

 

 

 

おいしい水道水、ぜひ技術輸出を・・

蛇口

 

 

「応援日報を書けばあなたの目標や夢が叶う」

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

蛇口

 

 

 

「蛇口から「飲める水」が出てくる国は世界
でも珍しい」

 

 

 

東京の水道について言えば、高度経済成
長期の頃は取水源の利根川、荒川、多摩川
が汚れていた。

 

 

 

汚染がひどく塩素を大量に入れて殺菌した
のでまずさにつながっていた。

 

 

 

「東京の水なんて飲めたものじゃない」

 

 

という評判が立ったが、
実際に地方の水と飲み比べても区別でき
ない人が多いのである。

 

 

今は高度浄水処理工程があり、塩素量も
格段に減った。

 

 

 

成果は数字にも表れた。

 

15年度の各家庭への調査で、水質について
約54%が満足と回答。

 

03年度の約2倍になった。

 

 

 

都水道局の給水を受けていない自治体もある。

 

 

昭島市では20本の深井戸から地下水をくみ
上げて使う「地下水100%」

 

水質も良く低温で最低限の塩素殺菌しかして
いない。

 

 

溶解した地下水を原水とするミネラルウォーター
とほとんど変わらないのである。

 

 

 

それでも、水道水を飲まないという人は、消費を
延ばすミネラルウォーターを飲む「習慣」が
その理由だと思う。

 

 

 

ペットボトル入りの水の販売が広がったのは
1990年頃。

現代人は慣れ親しんでいる。

 

 

 

実は蛇口から飲料水が出てくるのは、世界
でも日本以外でアイスランドやフィンランド
など数える国だけ。

 

 

 

多くの国から見たら、おいしい水が蛇口から
出るのに、飲まない日本は不思議な国に
見えるらしい。

 

 

 

平均すると、1人が1日に使う300リットルほど
の水のうち、飲むのは約2リットルだけだ。

 

それって、おいしい水でトイレを流したりして
いることになる。

 

 

 

根拠のない習慣で「まずい」と言って飲まない
のは、あまりにもったいない。

 

 

 

かくいう所長も、

ミネラルウォーターの給水器を備えて、毎日
お茶やコーヒー、そして飲料として、

おいしく飲んでいます。

 

 

 

がっ

 

 

 

ビジネスにおいてもそうですが、

この「習慣」というものは本当にやっかい
なものです。

 

 

長時間かける割には何も決まらない
「定例会議」

 

ただ厚ければ満足してしまう内容の
ともなわない「資料」

 

 

 

もっと質を上げた効率性のある「仕事」
ができるはず。

 

 

ここにも「自分で考える」という重要性が
大事に思えてきます。

 

 

 

その前に、

 

 

環境を守る日本の「高度浄水処理技術」を
南米、アフリカ、中東、アジアへと

 

もっともっと

 

技術輸出して住民から喜ばれるビジネスに
してもらいたいものです。

 

 

 

 

【参考:朝日新聞・橋本淳司氏】

 

 

 

 

 

 

変化し進化できる会社とは・・

分岐点

 

 

「日報を書いた人から売上が上がる!」

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

変化し進化できる会社とはどんな企業
なんでしょう?

さあ、見ていきましょう!

 

 

分岐点

 

 

 

「どう会社を見直しましょうか」

 

 

「仕事が10あるとしたら、そのうち本当に
大事なのは2ぐらいです。
そこに8割の時間を充てて集中すれば効果
は上がります。

 

ところがしなくてもいいような仕事や、
やらなければいけないが効率化できる仕事
に時間をとられるようになると、

労働時間が増えても成果は上がりません」

 

 

 

>「8:2の法則」はよく言われるところ
です。
10の仕事は2割の人が支えているってアレ
ですね。

 

 

>日本の会社に多いのが、しなくても
いいのにルーティン化していたり、
悪い習慣になってるやつです。

 

 

 

 

「なせ無駄な仕事に時間を費やすので
しょうか」

 

 

「仕事の全体が見えていないからです。
全体の仕事の中で改善すれば効果が出る
仕事は何か、ということを

あまり考えなくなっています」

 

 

 

>確かにすぐ答えを出そう、すぐ効果の
見えるものに目が向く時代のようです。

 

>もう少し長期的なスパンで取り組み、
安さより質という考えが希薄になって
います。

 

 

 

 

うまく仕事をさばく「できる人」が会社を
滅ぼすと言っていますね」

 

 

「仕事が速く「できる人」は、どうやるかと
いう手段を考えるのが得意。

半面、仕事の意味や意義を問うたり、会社
の将来にとって何が必要かをあまり考え
たりしない人です。

 

日本の多くの会社はさばくのがうまく、
本質をあまり考えようとしない「できる人」
が昇進する傾向があります。

 

複雑な時代には向いていません」

 

 

 

>目の前の今の課題や問題点を解決できる
人が重宝され、

例えば10年後20年後の未来に環境が変化して
しまうことなど、
全人類的、全地球規模で俯瞰できる人材が
長期的な会社の存続にも必要だ。

 

 

 

 

「どうすればいいでしょうか」

 

 

「会社に仕事を決められるのではなく、自分
で仕事を決めるよう努めることが大切です。

会社が進化するには、仕事は速いが自分で
決めなくて、

本質を考えないような「できる人」が
変わる必要場あります」

 

 

 

>複雑で舵取りが難しい時代の経営は、
経営者が目指す会社の理念やビジョンを理解
できる社員が必要。

 

 

>会社の方向性を従業員が自分のこととして
指針やスローガンに落とし込んでいるような

従業員の教育やコミュニケーションが
不可欠でしょう。

 

 

 

【出典:朝日新聞・柴田昌治氏】