書いた人から売上が上がる「売上日報セミナー」八王子で開催

 

売上倍増日報セミナーのご案内<各回先着15人限定>:日報ステーション八王子

こんなお悩みはありませんか?

もし、あなたが
一生懸命、営業・集客をしていらっしゃるので
あれば、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

売上が伸びない。でも、
何をしたらいいか分からない。

そんな漠然とした不安をお持ちの
経営者、個人事業主の方に朗報です。

ただ、日報を書くだけで売上を
倍増させる方法があるんです。

「そんなこと、あるわけない!」

と思われたかもしれませんが、
論より証拠。

実際に、ただ日報を書いただけで
売上倍増どころか3倍10倍といった
業績アップを達成した方々の生の声を
ご覧下さい。

これまでのクライアントの実績を紹介

 

 

寂れた商店街で店長1人が営む雑貨屋さんが
4か月で月商89万円から161万円!月商1.8倍
それから1年で月商228万円!
更に!もう1年後には月商358万円
(その後、特定ブランドのサングラスで売上日本1位

主婦が自分の為に作った手作り化粧品が、
1年で月商26万円から月商223万円に!
主婦を続けながら売上8.5倍
更に!もう1年後には月商315万円

 

 

 

主婦が自分の為に作った手作り化粧品が、
1年で月商26万円から月商223万円に!
主婦を続けながら売上8.5倍。
更に!もう1年後には月商315万円。

 

店長兼料理人とパート3人のパスタ屋が
月商53万円だったのが
1年後には月商215万円と4倍!
更に!1年後には月商291万円に!
今では店長とパート6人に成長

 

 

洋服屋さんが前年購入率29%を
購入率45%にすることにより
わずか3か月で前年対比売上1.9倍、
月商262万円が月商504万円に!

なぜ日報を書くだけで売上倍増するのか?

 

その回答は「売上日報セミナー」で

明らかにします!

 

 

 

4/18火4/19水

【昼の部】14:00~16:00 

【夜の部】18:00~20:00

八王子商工会議所

八王子市大横町11-1

3階会議室  お一人様/4,000円

 

 

 

※ チラシを印刷して必要事項を記入後FAX
  または お問合せメールでお申込下さい。

 

 

17041819セミナーチラシ(完成品)_ページ_2

 

返金寿命、過去最高・・

 

 

「A4一枚で今やるべきことに気づく

“応援日報”」

 

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

fuan

 

 

 

2015年の日本人の平均寿命は男性が80.75歳
女性は86.99歳となり、過去最高を更新した。

 

 

 

人口推計に基づいて昨年7月に公表された
「簡易生命表」ではそれぞれ若干高かったが、

厚生労働省が1日発表した「完全生命表」で
確定した。

 

 

 

5年に1度行われる国勢調査に合わせた調査で、
前回公表された10年に比べて、男性が1.20歳、
女性が0.69歳伸びた。

 

 

 

厚労省が把握している主要7カ国(G7)などと
比べて男女ともに最も日本が高い。

 

 

2番目は男性がスイスの80.7歳、女性はフラ
ンスの85.1歳でした。

 

 

 

平均寿命の確定値は、最初の調査が行われた
1891~1898年分では、

 

 

なんと、

 

 

男性が42.8歳、女性が44.3歳だったんです!

 

 

 

背景には、

 

医療技術や薬の進歩、食生活の充実、
そして何と言っても、

 

健康への意識の高さがあるでしょう。

 

 

 

これだけの意識やエネルギーをビジネスや

会社に集中できたら、

会社も長生きするでしょうね。

 

 

 

【参考:朝日新聞】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ一番に勝てない高梨沙羅、ビジネスでは・・

 

 

「書くだけで自分の9割が変わる

“応援日報”」

 

 

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

medaru

 

 

 

 

ワールドカップ(W杯)では男女を通じて
史上最多に並ぶ53勝を挙げ、
個人総合優勝は4度も。

 

 

 

こんなに他を圧倒する力を持っているのに、
五輪、世界選手権は今回を含めて計5度
挑んで優勝0。

 

 

 

今回の世界選手権を3位に終わった高梨は

 

 

「またやってしまった。悔しいと言うより、

落胆。

同じことを繰り返している自分が情けない」

 

 

 

大一番では、毎回のように実力を発揮でき
ない理由について、高梨は内面の弱さを
自覚している。

 

 

「自分をコントロールし切れていいない」

 

 

「良いところを見せたいという気持ちで、

自分のやるべきことを見失った」

 

 

「全体で硬さが出た」

 

 

 

 

本当に大一番で勝てない理由がわかって
いるのだろうか?

 

 

そもそもわかっていればこれだけの選手、
すでに改善しているよね。

 

 

 

オリンピックや世界選手権の大舞台で、
前評判は良くないのに金メダルを取る選手。

 

 

方や優勝候補なのに大舞台だけは勝て
ない選手、

この違いはどこにあるのだろう?

 

 

 

まっ

 

 

 

これがわかれば苦労しませんね。。

 

 

 

 

これに対してビジネスでは・・・

 

 

毎日の計画と実行そして振り返りが、売上
発展へとつながっていく。

 

 

 

目標やその戦略は中間点。

 

 

もっと先にある自分の「こうなりたい」
「こんな人生にしたい」という口には
出さないBeingがあります。

 

 

 

そんな自分になるための年間スケジュール、
月間スケジュール、週間スケジュールが
あります。

 

 

 

そしてその大きなスケジュールをこなす
ために日々の予定、行動、タスクがある
のです。

 

 

 

たまに一発勝負を期待する経営者がいます。
でも大概「ときすでに遅し」
なんですよね。

 

 

 

経理も月次試算表も、財務も資金繰り表も、
コツコツコツコツなんです。

 

 

それが毎日の「応援日報」「売上日報」なんです。

 

 

 

われわれ事業家は、
一発勝負のオリンピックや世界選手権で
金メダル取る必要はないんですよ。

 

 

 

その意味ではアスリートはきびしい世界です。

 

 

 

 

 

 

【参考:朝日新聞】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16年度広告費1.9%増加・・・

 

 

「書いた人から売上がみるみる上がる!」

 

 

 

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

 

005161_li

 

 

 

広告大手電通が発表したところによると、

 

2016年度の国内広告費は前年比1.9%増の
6兆2880億円で、5年連続で伸びた。

 

 

 

媒体別で最も増えたのはインターネット
広告で、13.0%増の1兆3100億円。

 

テレビ広告は1.7%増の1兆9600億円。

 

 

 

減少したのは新聞で4.4%減の5400億円、
雑誌は9.0%減の2200億円だった。

 

 

 

ラジオはネット経由の「ラジコ」などが
好調で2.5%増の1200億円でした。

 

 

 

 

 

【所長の視座】

 

 

1日の読書時間が「0分」の大学生が約5割
のデータが示すように

 

 

新聞雑誌等の購読が減り、若者を中心に
活字媒体に目が行かなくなれば、当然
そこに掲載する広告は減少する。

 

 

 

書籍購入費も減る一方で、スマートフォン
の利用時間は増える一方だ。

 

 

 

広告費が増加したのはインターネット関連
やSNSの広告でしょう。

 

 

 

そんな本や新聞を読まないインターネット
万能の時代を、所長は危惧するところが
大いにある。

 

 

 

まず、スマホやタブレットの日本語は
ほとんどが横書きである。

 

しかも字が小さい。

 

若者もそうでない人も一生懸命読んでいる
が、

これでは確実に目が悪くなる。

 

 

 

もう一つ重要なのが

 

本や新聞を読まずに与えられた洪水の
ような膨大な情報と速さを

 

インターネットから与えられ続けて
いる。

 

 

 

そうすると文章に疑問を持ったり、内容を
じっくり考えたりする人間の思考能力が
働くなってくるのである。

 

 

 

インターネットやスマホに夢中になって
いる人たちは、おしなべて言葉を発しよう
としない。

 

 

 

しゃべってコミュニケーションをとること
が人間の最高の能力であったはずであろう。

 

 

 

こんな心配をしているのは所長だけとも
思わないのだが・・・

 

 

 

 

【参考:朝日新聞】

 

 

 

 

 

 

家計支出3年連続減少!こづかいも・・

 

「“応援日報”を書くだけで、目標や夢が叶う!」

 

東京は八王子市の

「日報コンサルタント」×「行政書士」

伊橋所長です。

 

 

okaneirasuto

 

 

 

【家計支出3年連続減少!】

 

 

総務省が発表した2016年の家計調査に
よると、

 

2人以上の世帯が使ったお金は月平均で約
28万2100円で、物価変動を除いた実質で
前年より1.7%減った。

 

 

 

マイナス幅は前年より減少したが、1999
~2001年以来15年ぶりに3年連続の
減少だった。

 

 

 

全体を押し下げたのは「その他の消費支出」
の項目で、「こづかい」は前年比実質
6.0%減、「交際費」も5.0%減少した。

 

 

 

増えたのは「教育」「保健医療」のみ。

 

 

衣服や外国旅行も減少が目立ち、全体的に
幅広く消費を抑えている家計の姿が
浮き彫りになった。

 

 

 

勤労者世帯の実収入は約52万6900円で
実質前年より0.3%2年連続微増した。

 

 

 

【参考:朝日新聞】

 

 

 

 

総務省って統計ばっかりとってますよね。

 

 

行政書士の管轄が総務省なんだけど
何の恩恵感じたことないな~

 

 

 

この統計数字を分析すると、勤労世帯の
収入はほんの少し増えたけど、
使ったお金は15年ぶりに3円連続で減少した。

 

 

 

家計の支出はよりシビアなものになり、
こづかいや交際費も減少。

 

増えたのは教育費と保健医療費ばかり
なり!

 

 

ってことです・・・

 

 

もともと日本人のもつ堅実な国民性で、
株や企業への投資意識は低いし、

 

金利が安くても貯蓄や現金でもっておこう
とします。

 

 

おまけに年金や医療等、将来の不安材料は
いっぱいです。

 

 

だからため込んでマーケットに支出を
しない悪循環ですね。

 

 

 

だから質よりも低価格が優先されるなかで、
良質な商品・サービスから得られる

豊かさや幸福感を実感することが乏しい
傾向がはっきりしてきちゃっています。

 

 

 

人生や仕事に喜びや夢をもったライフ
スタイルを目指したいものですね。

 

 

 

 

 

 

金正男氏殺害と日本の自由・・・

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

上昇傾向

 

 

 

「金正男氏毒針で殺害!」

 

 

 

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄
の金正男氏が13日マレーシアで殺害された
らしい。

 

 

 

 

マレーシアのクアラルンプール空港で2人の女
に毒針で殺害され、女2人は逃走した。

 

 

 

何て衝撃的なニュース何でしょうか。

注射器型や万年筆型の毒針で、女性工作員に
よって殺害された!?

 

 

まるで日本の戦国時代のようです。
毒針の吹き矢が万年筆に変わっただけで、

生き延びるためには、親とも戦い、妹を人質
として嫁入りさせて同盟を組む。

 

 

 

日本の戦国時代の権力争いが現代の北朝鮮
なんです。

 

 

 

金正男氏は金正恩が労働党委員長に就任
前後にも暗殺計画で殺害されそうになって
いました。

 

 

 

金正恩にとって異母兄の金正男氏は自分が
支配する北朝鮮の地位を危うくする目の上
のたんこぶ。

 

 

 

自分を危うくする者は親であろうと兄弟で
あろうと抹殺すべき殺害対象なんです。

 

そんな国と政治に彼らは生きているん
ですね。
会話が成り立つわけがありません。

 

 

 

それに引き替え私たちは・・・

 

政治、宗教、経済活動が自由で、
職業も起業も自由、自己責任です。

 

 

 

ちょっとぐらい会社経営や学校活動が
うまくいかないからって、少しずつ打開策を
自分で切り開く自由がありますね。

 

 

 

そんな自由な国にいることに、喜びと感謝
を持って行動していったら、
目標や夢も叶える可能性はずっと
高くなると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の資産「上位8人=下位半分(36億人)・・

point

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

衝撃的数字・・・

去年も書いたと思いますが、

今年はもっと顕著・はっきりしている。

 

 

国際NGOの「オックスフファム」は16日、
2016年に世界で最も裕福な8人の
資産の合計が、世界人口の内、

 

経済的に恵まれない下から半分
(約36億人)の資産合計とほぼ同じ
だったとする報告書を発表した。

 

 

今回スイス金融大手クレディ・スイスの
調査データと、米経済誌フォーブスの
長者番付を比較して試算した。

 

 

下位半分の資産は、上位8人の資産の
合計約4260億ドル(約48兆6千億円)に
相当するという。

 

 

オックスファムは昨年の報告書で、15年
の下位半分の資産額は上位62人の合計
(約1兆7600億ドル)に相当するとして
いた。

 

 

今回は新興国で詳細なデータが追加され
たことで、下位半分の資産額が世界全体
の資産に占める割合は、

15年の0,7%から0,2%に減った。

 

 

また報告書では1988年から2011年の間に
下位10%の所得は年平均3ドルも増えて
いないのに対し、

 

上位1%の所得は182倍になり、格差が
広がっていると指摘している。

 

 

経済格差の背景には労働者の賃金の低迷や
大企業や富裕層による課税逃れなどがあると
して、

 

経済のあり方に抜本的な変化が必要だと
訴えている。

 

 

 

【参考:朝日新聞】

 

 

 

 

 

【伊橋所長の眼】

 

 

これはひどい!

 

いくらビジネスでお金を儲けるドリームが
あるにせよ、せよですよ。

 

 

あまりに極端すぎるでしょ!

 

だって、8人の金持ちの資産額と、世界の
人口の半分の36億人の下位層の合計額が
一緒なんて・・・

 

やっぱり不均衡ですよね。

 

 

もちろん資本主義はビジネスこそ自由です
けど(案外社会主義国の富裕層が入って
いたりして・・・)

 

 

アメリカでは、経済的成功者はより寄付や
人道問題に関心を示す傾向がありますが。

 

 

大企業や富裕層の税金逃れは見過ごし
てはいけないし、

 

だいたいそんなにお金を抱えていたら、
それこそ市場経済が回っていかないよね。

 

 

最近交渉してる経団連と連合の、賃金・
ベアアップ交渉どころじゃないです。

 

 

やっぱり上位組の富裕層には、せめて
所得の10%、いや1%でも

 

世界の紛争や飢餓で飢えている子ども
の食料や、教育に回してもらいたいもの
です。

 

 

イチロー杯でのイチロー金言・・・

 

こんばんは。

東京は八王子市の

「行政書士」×「日報コンサルタント」

伊橋所長です。

 

 

先ずは少年野球「イチロー杯」での
イチロー会長挨拶抜粋から。

 
「こんにちは!!

マイアミ・マーリンズのイチローです。

ここにいる3チームのみんな、本当に
おめでとう。199チームの中から、
3チームに残ったこと、勝ち上がったこと、
本当に凄いと思います。

 

 

僕は(ナ・リーグ東地区)5チームの中で
今年も3位でした。

 

今年の僕がみんなにかけてあげられ
る言葉を少し探してみました。

 

今年メジャーリーグで3000というヒット
を達成することができました。こういうこと
があると、たくさんの人から褒めて
もらえます。

 

そして、イチローは人の2倍も3倍も
頑張っていると言う人が結構います。
でも、そんなことは全くありません
「人との比較ではなくて、自分の中で
少し頑張った」

 

「人の2倍とか3倍頑張ることってでき
ないよね。みんなも頑張っているから
わかると思うんだけど。

 

頑張るとしたら自分の限界……自分の
限界って自分で分かるよね。

 

その時に自分の中でもう少しだけ
頑張ってみる。ということを重ねて
いってほしいな、というふうに思います。

 

 

みんなが今、僕を目の前にして……
日本のプロ野球で何年かやって
アメリカに行って16年終わったんだ
けども、そういう目に見える結果を残した
からそんなふうに言えるんじゃないか
って思っているかもしれないけど、

 

それは全く違っていて、僕もみんなと
同じように野球少年だったし、ここに今日
来てくれた関根選手もみんなと同じ。

 

しかも彼は毎年、1回戦負けの選手でした。
ね?

 

みんなの方が成績がいいんだよ。現段階
では。

 

 

彼もきっと人との比較ではなくて、自分の
中でちょっとだけ頑張った。そのことを続け
ていくと、将来、思ってもいなかった自分に
なっている。

 

と僕は思うし、実際、僕だってメジャーリーガ
ーになれると思っていなかったし、アメリカで
3000本打てるなんてことは全く想像が当時
できなかったんだけど、

今言ったように、自分の中でちょっとだけ
頑張ってきた。

 

 

それを重ねてきたことで、今現在(の自分)
になれたと実感しているので、今日はこの
言葉をみんなに伝えたいと思います」

 

 

 

「結果」と「評価」は似て非なるものなのである。

 

 

キーワードは「自分の中でもう少しだけ頑張
ってみる。
ということを重ねる」と「人との比較ではなくて、
自分の中でちょっとだけ頑張った。

 

そのことを続けていく」にあると感じている。

 

 

 

参考抜粋
FullーCount

 

 

 

どうです?

 

老若男女、どんな職業にあっても、すべての
ポジションでも当てはまるって思いません?

 

イチローが残した実績から、「天才だ!」って
すぐ言われますが、

 

 

①人の2倍も3倍も頑張っていると言われる、
でもそんなことはないと否定している。

 

② 人との比較ではなく、自分の中で少し
だけ頑張ってみる。
ということを積み重ねている。

 

 

 

「やりたいこと、目指したいことをちょっと
だけ頑張ってみる。
そのことを積み重ねる。」

 

 

これなら誰でもできますよね。

そう、誰でもできることを、少しずつ毎日
積み重ねる。愚直に・・・

 

 

誰でできることを少しずつ改善しながら
ずっと続ける。

ことが誰にもできないのです。

 

 

もちろんそこには、

 

マイルール化、止める勇気、改善、遠い
目標、そして絶え間ない前進。
継続する能力があります。

 

 

日々の課題を解決し、遙かなビジョン、
ドリームを繰り返し反芻します。

 

 

そして、ライバルがいて、見守るコーチが
います。

 

 

もう一度言います!

 

 

「誰でもできることを、目標に向かって
改善して積み重ねていく」

 

 

 

これができたらスポーツでも、
ビジネスでも、きっと成功していくと
思いませんか?

 

 

誰にもできる「応援日報」を
目標に向かって
改善して微差を積み重ねる。

 

 

point

 

 

これこそ「日報コンサルタント」の
出番で真骨頂なのです。

 

 

ではまた。

 

クリスマスと難民家族・・

 

こんばんは。
東京は八王子市の
「行政書士」+「日報コンサルタント」
伊橋所長です。

 

 

「クリスマスの夜に難民の家族を招き
ませんか」

 

ブラジルのNGOが呼びかけた
キャンペーンに、同国全土から約2千世帯が
受け入れに手を上げた。

 

 

予想以上の多さに対応が追いつかず、
今回は難民の15家族に限られた。

 

夕食への招待はクリスマス後も月1回の
ペースで続けられます。

 

 

 

ブラジルは多民族が集まってつくられた
移民国家で、欧州やアラブ系が多い。

現在は8千人以上の難民が暮らしている
そうです。

 

 

企画したNGOは
世界で難民受け入れを巡る対応や差別が
問題になっています。

 

クリスマスをきっかけに異文化間の理解を
少しでも深めたいと考え、今月上旬に
呼びかけを始めた。

 

今回選ばれた15家族はシリアやパレスチナ
などの出身で、クリスマスイブとクリスマスの
夜のどちらかに、ブラジル家庭の夕食に
招かれます。

 

 

難民側は郷土料理を1品つくり、
受け入れ側は、七面鳥やポテトサラダなど
ブラジル風のクリスマス料理でもてなす。

 

 

 

【所長の視座】

 

古今東西、異文化や他人を理解するには
ともに食事やお酒を飲むことが有効です。

 

同じ時間や場所を共有することで、お互い
違うところばかりではなく、共通する点や
共感を得ることができます。

 

 

人とのコミュニケーションが苦手な若者
でも、酒の会食ばかりではなく、
部や課を取っ払った空間での交流や
他部署との固定されていない机の
シャッフルした配置など、
意見交流の場となります。

 

 

人間最大の能力である「言葉」での対話は
人の心をナチュラルにして、アイディアを
発展させたり、完成させたりする力を
生み出すからでしょう。

 

 

 

トランプ当選とグローバル経済と国際金融

 

こんばんは。東京は八王子市の伊橋所長です。

アメリカ内外で思っても見なかったトランプ
大統領が実現しました。

 

「思いもよらない、信じられない結果だ」

でも本当にそうなんでしょうか。

 

トランプ当選の兆しが実はありました。

 

そうです・・

 

英国のEUからの脱退の国民投票・・
この国民投票の結果も

「まさかあり得ない」
と言われていました。

 

ここで話しをかえて、
実は強く関連しているのですが。

〝グローバル経済〟に目を向けてみましょう。

自由化や市場開放、世界規模の貿易や投資。
そして急速に経済成長を押し上げました。

 

しかし・・

 

グローバル経済は逆流し始めています。
世界の貿易や投資は鈍化しています。

 

国内の失業や社会制度は不安定化して、移民や
難民に市民は不安を抱えています。

 

そしてグローバル経済がもたらした経済社会の
不均衡と貿易の拡大は、国内の製造業の凋落と
失業に直結しました。

 

また・・

 

国際金融の拡大は、多額の資金の流入や流出で
バブルや混乱をもたらしました。

 

その結果、市民は格差社会の餌食となり、多く
の労働者にとって、雇用や未来を不安定なもの
に変えてしましました。

 

でもその世界の潮流は、インターネットやグロ
ーバリゼーション発展にとって当たり前のこと
だったのかもしれません。

 

問題は・・

インターネットやグローバリゼーションが影響
を与えた、庶民の格差拡大や将来の不利益、失
業や生活の不安を、これまでの政治家がスルー
してきてしまったことにあるのです。

移民や難民問題、経済の不均衡を全くと言って
いいほど、政治が解決策を持っていなかったこ
とに起因しているのです。

 

 

トランプは確かに下品で差別的な発言が多かっ
た。

でも、国民の誰もが思っていた不安ややっかい
な問題に、声を上げ指摘して乱暴でも解決する
と発言し続けた。

 

後戻りできない世界の潮流ともいえる、インタ
ーネットやグローバリゼーションに対応して、
改善する意欲を見せた。

 

きわめて穏健でおとなしい国民である日本にお
いても、今後は具体的な諸問題の解決策をもち、
しかもしっかり行動して、結果として改善と解
決できる政治家しか当選させないという気概を
持ちたいところです。

 

すでに小池都政はその結果なのです。